髪について想うことを

髪について想うことを述べます。

 髪はなぜ生えるのか。アデランスやヘアリプロを知る上では結構重要な事です。
医学としての明確は解答は知りません。しかしながら、お話として、髪は頭皮から生えるということです。頭皮から生えない髪は、想像できないと思います。
 中等教育、初等教育の段階においては、短く散発されるかもしれません。あるいは、子弟として整髪されるかもしれません。
 但し、髪の問いは、中等教育、初等教育においては、校則により規律され、又は保護者が監督します。高等教育においては、学則により規律されます。
 これらの問いは、中等教育、初等教育においては、トラブルとして、種々の主体により説かれております。
 考える主である人の髪が、生き物としての髪と、どのような関係を構築すべきか、又は、どのような法があるかは、共同体社会に生きる為に、予め取り決めるべき規範であるとされます。
 具体的な問いについて回答を試みる時、種々の克服困難な障害が登場します。生きる現象を考えにより抑止することは、生きることに、どのような積極的意義を与えるかとの問いと共存するからです。以上